自然豊かで歴史情緒あふれる醤油発祥の地 湯浅町役場公式ホームページ

  • 湯浅町
  • 湯浅町
 

新着イベント情報

 

令和元年度湯浅町人権啓発映画上映会を開催します!

令和元年度湯浅町人権啓発映画上映会を開催します!
 
“皆様のご来場を心よりお待ちしております”
◆日時:令和元年8月3日(土) [開場18:00~]
 ◇講演会(北出昭さんのおはなし) 18:30~
 ◇上 映 19:10頃~
 
◆会場:湯浅町総合センター 2階 大ホール
 
◆上映作品:『ある精肉店のはなし』[1時間48分]
 
◆主催:湯浅町人権尊重委員会
 
◆後援:湯浅町・湯浅町教育委員会
 
◆お問合せ先:湯浅町人権推進課(湯浅町総合センター)
       ☎0737-64-1126
 
※悪天候等により、上映会開催が困難な場合は、8月4日(日)に延期いたします。
 
★作品概要★
【北出さん御家族の暮らしを記録したドキュメンタリー映画】
 ~いのちを食べて いのちは生きる~
  大阪貝塚市での屠畜見学会。
  牛のいのちと全身全霊で向き合う
  ある精肉店との出会いから、この映画は始まった。
  家族4人の息の合った手わざで牛が捌かれていく。
  牛と人の体温が混ざり合う屠場は、熱気に満ちていた。
  店に持ち帰られた枝肉は、丁寧に切り分けられ、店頭に並ぶ。
  皮は丹念になめされ、立派なだんじり太鼓へと姿を変えていく。
  家では、家族4世代が食卓に集い、いつもにぎやかだ。
  家業を継ぎ7代目となる兄弟の心にあるのは
  被差別部落ゆえのいわれなき差別を受けてきた父の姿。
  差別のない社会にしたいと、地域の仲間とともに部落解放運動に参加するなかで
  いつしか自分たちの意識も変化し、地域や家族も変わっていった。
  2012年3月。
  代々使用してきた屠畜場が、102年の歴史に幕を下ろした。
  最後の屠畜を終え、北出精肉店も新たな日々を重ねていく。
  いのちを食べて人は生きる。
  「生」の本質を見続けてきた家族の記録。
 

町民カレンダー2020作品募集

町民カレンダー2020作品募集
 
町民カレンダー
 

津波救命艇を設置しました!

津波救命艇を設置しました!
 
 

津波救命艇 愛称募集中!

津波救命艇 愛称募集中!
   
別紙(応募用紙) ( 2019-04-03 ・ 61KB )
Google

WWW を検索
www.town.yuasa.wakayama.jp を検索
 
qrcode.png
http://www.town.yuasa.wakayama.jp/
モバイルサイトにアクセス!
538644
【湯浅町役場】
 
 〒643-0002
 
 和歌山県
 
 有田郡湯浅町
 
 青木668番地1
 
TEL
 0737-63-2525

FAX
 0737-63-3791
 
  午前8時30分から
   午後5時15分まで
(土曜、日曜、祝日は閉庁です)
  
 
 世帯数  5,445帯
 人口  11,977人
 男    5,626人
 女    6,351人
 2019年7月1日現在
<<湯浅町役場>> 〒643-0002 和歌山県有田郡湯浅町青木668番地1 TEL:0737-63-2525 FAX:0737-63-3791