自然豊かで歴史情緒あふれる醤油発祥の地 湯浅町役場公式ホームページ

  • 湯浅町
 

日本遺産

 

「最初の一滴」醤油醸造の発祥の地 紀州湯浅

「最初の一滴」醤油醸造の発祥の地 紀州湯浅
 
平成29年428日、文化庁から平成29年度における日本遺産の認定が発表され、本町が申請した「醤油醸造文化」に関するストーリーが認定を受けました。
ストーリーを構成する文化財のうち主なものは、
 ・「重要伝統的建造物群保存地区(国選定)」
 ・「醤油醸造用具(町指定有形民俗文化財)」
となっています。
 
~ストーリー概要~
 醤油の起源は、遥か中世の時代、中国に渡り修行を積んだ禅僧が伝えた特別な味噌に始まる。この味噌の桶に溜まった汁に紀州湯浅の人々が工夫を重ね、生まれたのが現在の醤油であるという。
醤油の醸造業で栄えた町並みには、重厚な瓦葺の屋根と繊細な格子(こうし)が印象的な町家や、白壁の土蔵が建ち並ぶ。通りや小路(しょうじ)を歩けば、老舗醸造家から漂ってくる醤油の芳香が鼻をくすぐり、醤油造りの歴史と伝統が、形、香り、味わいとなって人々の暮らしの中に生き続けている。
 
「最初の一滴」醤油醸造の発祥の地 紀州湯浅
 
 ~日本遺産とは~
 文化庁が平成27年度に創設した制度で、地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを認定し、国内外に戦略的に発信することにより、地域活性化等を図るものです。
 東京オリンピックが開催される2020年までに、100件程度の認定を目指すこととしており、平成27年度は全国で18件、平成28年度は19件、平成29年度は17件が認定となりました。
 

構成文化財画像

構成文化財画像
  • 湯浅町湯浅伝統的建造物群保存地区
  • 加納家(角長)
  • 醤油醸造用具
  • 醤油の製造技術
  • 津浦家(旧内伝麹店)
  • 麹製造関連用具
  • 栖原家
  • 戸津井家(戸津井醤油醸造場)
  • 大仙堀
  • 「大船一艘代々相伝」書状
  • 北村家(大坂屋三右衛門店・玉井醤本舗)
  • 太田家(太田久助吟製)
  • 金山寺味噌の製造技術
  • 家庭での金山寺味噌作り
  • 顯國神社
  • 顯國神社手水鉢
  • 顕国神社の祭礼
  • 顯國神社の三面獅子
  • ナレズシ
  • ナレズシ作りの様子
  • 熊野街道道標
  • 深専寺
  • 湯浅駅駅舎
  • 甚風呂
  • しらす丼
  • 茶粥と金山寺味噌
湯浅町湯浅伝統的建造物群保存地区
加納家(角長)
醤油醸造用具
醤油の製造技術
津浦家(旧内伝麹店)
麹製造関連用具
栖原家
戸津井家(戸津井醤油醸造場)
大仙堀
「大船一艘代々相伝」書状
北村家(大坂屋三右衛門店・玉井醤本舗)
太田家(太田久助吟製)
金山寺味噌の製造技術
家庭での金山寺味噌作り
顯國神社
顯國神社手水鉢
顕国神社の祭礼
顯國神社の三面獅子
ナレズシ
ナレズシ作りの様子
熊野街道道標
深専寺
湯浅駅駅舎
甚風呂
しらす丼
茶粥と金山寺味噌
Google

WWW を検索
www.town.yuasa.wakayama.jp を検索
 
qrcode.png
http://www.town.yuasa.wakayama.jp/
モバイルサイトにアクセス!
251706
【湯浅町役場】
 
〒643-0002
 
和歌山県
 
有田郡湯浅町
 
青木668番地1
 
TEL
0737-63-2525

FAX
0737-63-3791
 
 午前8時30分から
  午後5時15分まで
(土曜、日曜、祝日は閉庁です)
  
 
 世帯数  5,480帯
 人口  12,360人
 男    5,798人
 女    6,562人
    2017年9月1日現在
<<湯浅町役場>> 〒643-0002 和歌山県有田郡湯浅町青木668番地1 TEL:0737-63-2525 FAX:0737-63-3791