自然豊かで歴史情緒あふれる醤油発祥の地 湯浅町役場公式ホームページ

 
   
新型コロナウイルス感染症相談窓口
  『新型コロナウイルス相談窓口』
   受付時間 9:00~17:45
 
   ・湯浅保健所 0737-64-1291
    ※出ない場合は、緊急用携帯電話に移行されます。
 
   ・県庁相談窓口 073-441-2170
 

緊急事態宣言等

緊急事態宣言等
   
和歌山県からの発出情報など
 
  新型コロナウイルス感染症に関連する情報について
  (県民の皆様へのお願い、和歌山県における発生情報等)
 

支援施策等

支援施策等
 
新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業者の皆様へ
 新型コロナウィルス感染症で影響を受ける事業者の皆さまへの支援策が用意されています。詳しくは、以下のリンク先をご確認ください。
 
 
 
 また、和歌山県において新型コロナウイルス感染症の影響を受ける県内事業者の皆様を支援するため、相談窓口が設置されています。詳しくは、和歌山県のホームページをご覧ください。
 
 
 
国からの特別定額給付金
 
 
◆特別定額給付金(終了しました)
【担当部署:地方創生ブランド戦略推進課】

 国の新型コロナウイルス感染症緊急経済対策から、家計への支援として、「特別定額給付金」を支給します。
 国民1人当たり10万円の給付金を支給します。
 
※申請書等は、5月19日から各世帯に順次郵送します。
「オンライン申請方法」は、「特別定額給付金(10万円)」のみの申請となります。「湯浅町版定額給付金(1万円)」の申請は、役場から郵送する申請書(同封の返信用封筒利用)での受付となります。
※役場から郵送する封筒には、「特別定額給付金申請書」「湯浅町版定額給付金申請書」「マスク引換券」を同封いたしますので、そちらを利用していただくことをお勧めします。
 
 
 
 
   
湯浅町の独自施策
◆湯浅町住み込み労働者新型コロナウイルス感染症検査費用助成金
【担当部署:産業建設課】

湯浅町内の事業者が、一時的な労働力を確保するために県外から湯浅町へ住み込みで労働する方を雇用する際、就労前に新型コロナウイルスPCR検査を医療機関において実施する検査費用を助成することで、感染症のリスク管理を支援します。
 
 
〈対象者〉
①湯浅町内に事業所を有し、事業を営んでいる個人事業者、および湯浅町内に本社を有する法人
②湯浅町内で住み込みの労働者を30日以上雇用する方
③住み込みの労働者がPCR検査を受ける前に、同意書(様式第1号)を提出できる方
 
〈対象費用〉
医療機関において実施するPCR検査を住み込み労働者にPCR検査を受けさせたときにかかる費用
(※対象費用となる検査は住み込み労働者1人につき1回のみです。)
 
〈助成金額〉
・1回の検査にかかる費用の3分の2以内の額とします。
・限度額は住み込み労働者1人につき1回16,000円です。
 
〈検査対象期間〉
令和2年10月2日~令和3年3月31日
 
〈申請必要書類〉
【PCR検査を受ける前に提出】
・同意書(様式第1号 wordpdf
【PCR検査を受けた後に提出】
・申請書 兼 実績報告書(様式第2号 wordpdf
・就労期間確認書(様式第3号 wordpdf
・検査結果の分かる書類
・事業所所在地が分かる書類
・振込先口座の通帳の写し
・湯浅町の納税証明書
 
〈注意事項〉
・申請書等の提出書類につきましては、窓口に直接持参してください。郵送での申請は受付していません。
・書類や申請内容を審査し疑義が生じた場合、助成金を交付できない場合があります。
 
 
◆水道基本料金の免除◆
【担当部署: 総務広報課・湯浅町水道事務所】
 
 新型コロナウイルス感染症に伴うご家庭や事業所等の経済的な負担軽減を図るため、水道基本料金を6か月間免除します。
 詳細は水道事務所ホームページをご覧ください。
 
 【免除期間】令和2年6月検針分(7月請求分)~令和2年11月検針分(12月請求分)
       令和2年6月検針分(7月請求分)~令和3年3月検針分(4月請求分)まで期間延長
 
 
 
◆寄附金の受付◆
【担当部署: 総務広報課】
 
 新型コロナウイルス感染症対策に必要な施策の推進を図るため、町への寄附金を受け付けています。皆様の温かいご支援を心よりお待ちしております。
 ご寄附を頂ける方は、役場総務広報課までお問い合わせください。
 
 【現金の場合】
 役場総務広報課にて受付いたします。
  1 寄附申込書の提出
  2 町から納付書をお渡しします。
  3 役場出納室等にてお支払いいただけます。
  4 町から寄附金受領証明書をお送りします。
 
 【振込の場合】
 ・ゆうちょ払い込みの場合
  1 寄附申込書の提出
  2 町から「ゆうちょ銀行払込票」をお送りします。
  3 ゆうちょ窓口で払い込み
  4 町から寄附金受領証明書をお送りします。
 ・銀行払い込みの場合
  1 寄附申込書の提出
  2 町の指定銀行口座に払い込み
  3 町から寄附金受領証明書をお送りします
  ※ 別途振込手数料が必要となります。
 
 ▲ご注意▲
 寄附のお申込みのない方に対して、町から電話等で振込先をお知らせして送金をお願いしたりすることはありません。
 寄附の強要や詐欺行為には十分ご注意ください。
 
 
 
◆湯浅町版定額給付金 (終了しました)
【担当部署:地方創生ブランド戦略推進課】

 湯浅町では感染症拡大防止のため、不要不急の外出自粛要請から人と人との接触を最大限削減し、取り組んでいただいている皆様へ、お見舞金として「湯浅町版定額給付金」を支給します。
 町民1人当たり1万円の給付金を支給します。

※申請書等は、5月19日から各世帯に順次郵送します。
※役場から郵送される封筒には、「特別定額給付金申請書」「湯浅町版定額給付金申請書」「マスク引換券」を同封いたします。
 
 
 
◆湯浅町持続化給付金
【担当部署:産業建設課】
 
 湯浅町では、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、経営が悪化し、国の持続化給付金の給付を受けた事業者に対して、国の持続化給付金の給付額の4分の1の額を加算給付します。
 
 
(給付対象者)
・町内に主たる事業所を有し、事業を営んでいる個人事業者、および町内に本社を有する法人
・国の持続化給付金の給付を受けた事業者
 
(給付金額)
国の持続化給付金の給付額の4分の1の額を上限とします。
(千円未満の端数が生じた場合は、その端数は切り捨てるものとします。)
個人事業者の場合 最大25万円法人の場合 最大50万円
 
(申請期間)
令和2年6月1日~令和3年2月28日(受付時間:平日午前8時30分~午後5時00分)
 
(提出書類)
・湯浅町持続化給付金交付申請書(別記第1号様式 wordpdf
・誓約書(別記第2号様式 wordpdf
・国の持続化給付金の給付通知書の写し
・個人事業者の場合は主たる事業所の所在地が分かる書類(確定申告書の写し等)、
 法人の場合は本社の所在地が分かる書類(法人謄本等)の写し
・本人確認証明書(運転免許証・マイナンバーカード・健康保険証等)の写し
・振込先口座の通帳の写し
 
(注意事項)
・申請書等の提出書類につきましては、窓口に直接持参してください。
 郵送での申請は受付していません。
・書類や申請内容を審査し疑義が生じた場合、給付金を給付できない場合があります。
 

 
◆マスク配付(終了しました)
【担当部署:総務広報課】

 感染症予防のため、「マスク」を配付します。
 13歳以上の町民1人当たり1箱(50枚)「マスク」を配付します。
※12歳以下の皆様にも学校や保育所、幼稚園等を通じて別途、小サイズのものをお渡しできるようご用意しております。

※マスク引換券は、5月19日から各世帯に順次郵送します。
※役場から郵送される封筒には、「特別定額給付金申請書」「湯浅町版定額給付金申請書」「マスク引換券」を同封いたします。
5月23日(土)、24日(日)に引換券に記載された場所でお受け取りください。また、5月25日(月)から6月9日(火)までの間、役場で引換が可能です。
 
   
新型コロナウイルスの影響により納税が困難な方に対する徴収猶予について
地方税法の改正に伴い、町税の徴収を猶予する特例制度が制定されました。
   
○猶予期間
 ★各納期の納期限の翌日から最長1年です。
  例)令和2年度 固定資産税・都市計画税第1期(令和2年6月1日納期限)
   →令和3年6月1日まで猶予することができます。
 ★猶予を受けた町税に対して、猶予期間を途中で延長することはできません。
  (猶予を6ヶ月としたあとに、3ヶ月延長する等)。
 ※猶予期限後も、なお、町税の納付が困難な場合は、猶予期限までにご相談ください。
 
○申請の手続き
 ①申請書(こちらからダウンロードできます)
  記載例(会社員やアルバイトなど給与収入の方)
  記載例(自営業の方、法人名で申請する場合)
 〈申請書記入時の注意点〉
 ・申請には期限があるので、下記の「申請期限」を確認してください。
 ・申請書類でお伺いすることがありますので、必ず電話番号を記入してくだ
  さい。
 ・法人が申請する場合、代表者の住所、役職、氏名を法人の所在地や名称の
  下に併せて記載してください。
 ・今回の徴収猶予の特例を受ける場合、申請書内「2猶予額の計算方法」の
  「収入減少率」が概ね20%以上減少していることが条件となります。
 ・収入は、新型コロナウイルスの影響によるもののみを記入してください。
  年金額の減少や生命保険等満期による一時所得の減少など、新型コロナ
  ウイルスの影響以外で減少した収入は含みません。
 
 ②添付資料
  猶予を受けようとする金額が100万円以下の場合
  ・財産収支状況書(ダウンロードはこちらから)
  湯夜を受けようとする金額が100万円を超える場合
  ・財産目録(ダウンロードはこちらから)
  ・収支の明細書(ダウンロードはこちらから)
  これらの内容を証明する書類(コピー)
  ・売上帳
  ・現金出納帳
  ・給与明細
  ・預貯金通帳  等
 
○申請方法
 窓口、郵送、eLTAX
 郵送の場合の送付先
 〒643-0002 和歌山県有田郡湯浅町大字青木668番地1
 湯浅町役場  住民生活課 税務係
 
○申請期限
 納期限まで
 

令和3年度の固定資産税及び都市計画税の軽減について

令和3年度の固定資産税及び都市計画税の軽減について
 
 新型コロナウイルス感染症の影響により、事業収入が減少した中小事業者等の令和3年度の固定資産税及び都市計画税を軽減する制度があります。
 
 詳しくは下記のリーフレットをご覧ください。
 
 申告書様式
 
 その他
  制度の内容、手続き、認定経営革新等支援機関等の一覧については、中小企業庁のホームページでもご確認いただけます。
  中小企業庁ホームページ  https://www.chusyo.meti.go.jp/
 
 お問合せ先
  湯浅町役場住民生活課税務係(1・2番窓口)
  〒643-0002 和歌山県有田郡湯浅町青木668番地1
  TEL:0737-64-1106
 

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた世帯の国民健康保険税の減免について

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた世帯の国民健康保険税の減免について
 
新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者(以下、世帯主等)が次に
該当する方は、申請により国民健康保険税が減免となる可能性があります。
 
【対象世帯】
①新型コロナウイルス感染症により、世帯主等が死亡または重篤な傷病を負った世帯
②新型コロナウイルス感染症により、世帯主等の収入の減少が見込まれ、次のア~ウの
 すべてに該当する世帯
 ア)世帯主等の事業収入、不動産収入、山林収入または給与収入(以下「事業収入等」
   という。)のいずれかの減少額(保険金、損害賠償等により補填されるべき金額
   を控除した額)が前年の当該事業収入等の10分の3以上減少している
 イ)世帯主等の前年の合計所得が1,000万円以下である
 ウ)世帯主等の減少が見込まれる事業収入等に係る所得以外の前年の所得の合計が
   400万円以下である
 
 ※会社都合(倒産や解雇)等による退職で、ハローワークより雇用保険受給資格者証
  が発行され、「特定受給資格者」または「特定理由離職者」に該当した方は、前年
  の所得を100分の30とみなし計算する「非自発的失業軽減」の対象になり、今
  回の新型コロナウイルス感染症による減免の対象外となります。
 
【対象となる保険税】
 令和元年度および令和2年度分の保険税で、納期限が令和2年2月1日から令和3年
 3月31日まで
 
【減免額】
 ①の世帯  全額免除
 ②の世帯  前年の合計所得に応じて10割~2割を減免
 
【提出書類】
 ①・②共通 ・国民健康保険税減免申請書
 ①の場合  ・診断書
 ②の場合  ・廃業や失業による減免を申請する:廃業届や失業の証明書
       ・収入の減少が見込まれる:収入見込額計算書、申請日の直近までの給与
        明細や収支の内訳が分かる書類
 
【受付期間】
 令和3年3月31日まで
 受付時間 午前8時30分~午後5時15分まで(土・日・祝祭日を除く)
 
【その他】
 ・所得の申告がまだの方は減免対象とならないため、まずは所得申告書の提出が必要です
 ・減少が見込まれる事業収入等に係る前年の所得がゼロ(赤字を含む)の場合は、この
  減免の対象外となります。
 
 

新型コロナウイルス感染症の影響により後期高齢者医療保険料の納付が困難な方へ

新型コロナウイルス感染症の影響により後期高齢者医療保険料の納付が困難な方へ
 

新型コロナウイルス感染症の影響により、事業の休廃止、失業等の理由で著しく収入が減少したことで生活が困難となり、保険料を納めることができなくなった場合など、一定の要件に該当する方は、申請により保険料の徴収猶予又は減免を受けることができる場合があります。
詳細につきましては、下記の和歌山県後期高齢者医療広域連合のホームページをご覧いただくか、問い合わせ先までご連絡ください。

 

URL:https://kouiki-wakayama.jp/healthcare-sys/insurance-premium/exemption

 

【お問合せ先】
和歌山県後期高齢者医療広域連合
 〒640-813 和歌山市吹上二丁目1番22号 日赤会館9階
 TEL:073-428-6688

 

湯浅町役場健康福祉課健康推進係(8番窓口)
 〒643-0002 有田郡湯浅町青木668番地1
 TEL:0737-64-1120

   
傷病手当金の支給(新型コロナウイルス感染症関連)
湯浅町国民健康保険の加入者で、新型コロナウイルス感染症に感染し、又は発熱等の症状があり感染が疑われるため仕事を休み、事業主から給与等の支払が受けられない場合に特例的な措置として傷病手当金を支給します。
 
支給要件
対象者
次の3つの条件をすべて満たす方
(1)湯浅町国民健康保険に加入している方。
(2)事業主から給与等の支払いを受けている方。
(3)新型コロナウイルス感染症に感染し、又は発熱等の症状があり感染が疑われることにより、療養のため労務に服することができず、給与の全部または一部を受けることができない方。
 
支給対象日数
労務に服することができなくなった日から起算して3日を経過した日から労務に服することができない期間のうち、就労を予定していた日
 
支給額
(直近の継続した3ヶ月間の給与収入の合計額÷就労日数)×2/3×支給対象日数
※ただし、給与等が一部減額されて支払われている場合や、休業補償等を受けることができる場合は、支給額が減額されたり、支給されないことがあります。
※1日あたりの支給額には上限があります。
 
適用期間
令和2年1月1日から9月30日の間で、療養のため労務に服することができない期間
※ただし、入院が継続する場合等は最長1年6月まで
 
申請方法
傷病手当金の申請は、郵送でも受付しています。
申請書をホームページからダウンロードできない等の場合は、お電話いただければ郵送させていただくことも可能です。
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、新型コロナウイルス感染症の疑いの症状があるなど、体調不良のときには、来庁をお控えいただき、郵送申請を行っていただきますようご協力をお願いいたします。

必要書類
次の(1)から(4)の書類をご用意していただく必要があります。
※医療機関を受診しないまま体調が改善した場合等は、(4)国民健康保険傷病手当金支給申請書(医療機関記入用)の記入は不要ですが、(2)国民健康保険傷病手当金支給申請書(被保険者記入用)に事業主の証明が必要です。
 
申請方法
郵送または、湯浅町役場健康福祉課(役場1階8番窓口)での受付
 
お問い合わせ
健康福祉課
〒643-0002 有田郡湯浅町青木668-1
健康推進係 国保担当【8番窓口】
電話:0737-64-1120
   
傷病手当金の支給(後期高齢者医療)
後期高齢者医療制度の被保険者が新型コロナウイルス感染症に感染(発熱等の症状があり感染が疑われる場合も含む)し、その療養のため働くことができずに業主から給与を受けられない等の場合、申請により傷病手当金が支給されます。
 
和歌山県後期高齢者医療広域連合のホームページもご参照ください。
 
 
お問い合わせ
和歌山県後期高齢者医療広域連合 業務課
〒640-8137 和歌山市吹上二丁目1番22号 日赤会館9階
電話:073-428-6688
 
健康福祉課
〒643-0002 有田郡湯浅町青木668-1
健康推進係 後期高齢者医療担当【8番窓口】
電話:0737-64-1120
 

小中学校の臨時休校等

小中学校の臨時休校等
 
臨時休校の終了と6月1日(月)学校再開のお知らせ
湯浅町では、緊急事態措置の解除に伴い、各学校において新型コロナウイルス感染防止対策を徹底した上で令和2年6月1日(月)から学校を再開します。

なお、学校再開後に、感染状況等が変化した場合、再度、臨時休校の措置をとる場合がありますので、ご理解をお願いいたします。
 
 

施設

施設
 
観光関連施設の開館について
 
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため休館していた下記の施設を5月22日(金)から開館します。
 
開館施設:湯浅特産物流通物販センター(湯浅美味いもん蔵)、湯浅えき蔵観光交流センター、立石茶屋、甚風呂、北町ふれあいギャラリー、岡正
 
ご来館の際は、マスク着用・手指消毒の徹底をお願いいたします。
 
問い合わせ先:湯浅町地方創生ブランド戦略推進課 TEL 0737-64-1112
 
 
 
県施設対応状況
 
       ※この情報は令和2年4月17日現在の情報となります。
 
 
 
 
湯浅斎場のご利用について
  
  新型コロナウイルス感染症の集団感染の発生予防として湯浅斎場では以下の対策を
  実施しております。
  ご遺族の皆様にはご理解とご協力をよろしくお願い致します。
 
  ・湯浅斎場(火葬場)に入場される方はできる限り少人数となるようご協力ください。
  ・入場の際には手指消毒とマスク着用のご協力をよろしくお願いします。
  ・発熱や咳き込みがある方は来場をご遠慮ください。
 
 
 
 
   
貸出施設状況一覧
   
施設名期間対応状況お問合せ先
総合センター 6月1日~ 次の感染症対策を実施することを条件に貸館再開

総合センター及び各文化会館施設の利用にあたっての条件及び留意事項【8月3日更新】
※感染症対策に必要な物品は、利用者がご準備ください。
総合センター
0737-63-4152
宮西文化会館
横田文化会館
野下・出水文化会館
スポーツセンター 6月1日~ 次の感染症対策を実施することを条件に貸館再開

スポーツ施設の貸出について
教育委員会
0737-63-1111
町民体育館
田体育館
なぎの里球場
町民グラウンド
テニスコート場
屋根付きゲートボール場
田区民センター6月1日~次の感染症対策を実施することを条件に貸館再開

公民館集会所の一般貸出及び文化教室の再開について
教育委員会
0737-63-1111
吉川公民館
宮西教育集会所
方津戸教育集会所
いきいきふれあい館
山田公民館
図書館6月1日~本の貸出・返却可能
学習室の閉鎖

次の感染症対策を実施することを条件に2階の貸館再開

図書館付設施設の貸出について

図書館
0737-62-2280
老人憩の家6月1日~
次の感染症対策を実施することを条件に貸館再開

施設の利用にあたっての条件及び留意事項
健康福祉課
0737-64-1120
ふれあいプラザ
観光レクリエーション広場
(湯浅駅前なぎ広場)
施設の利用にあたっての条件及び留意事項地方創生ブランド戦略推進課
0737-64-1112
なぎホール6月1日~施設の利用にあたっての条件及び留意事項総務広報課
0737-64-1108
 

イベント等一覧

イベント等一覧
 
 
 2020年  2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
 
 2021年  1月 2月 3月
 
 
 

2020年 6月                【更新日:4月21日】

2020年 6月                【更新日:4月21日】
 
6月4日 集団健診(吉川公民館) 中止
6月8日~各文化会館でのデイサービス及び休日会館再開
(感染症対策のため、一部使用できない運動器具もあります)
6月21日 集団健診(総合センター) 実施予定
ふれあい交流事業(父母の会) 延期
 

2020年 7月               【更新日:8月3日】

2020年 7月               【更新日:8月3日】
 
7月7日 七夕まつり 中止
7月~順次 下記の総合センター及び各文化会館の教室

〇総合センター
 ・生花教室   ・民踊教室
 ・読み書き教室 ・エアロビクス教室
 ・健美操教室
〇宮西文化会館
 ・編物教室   ・生花教室  ・茶道教室
〇野下・出水文化会館
 ・編物教室   ・生花教室  ・カラオケ教室
 ・ゲートボール教室      
〇横田文化会館
 ・手芸教室   ・陶芸教室  ・生花教室
 ・編物教室   ・健美操教室
再開
 

2020年 8月               【更新日:4月28日】

2020年 8月               【更新日:4月28日】
 
8月22日 第44回湯浅まつり花火大会 中止
 

2020年 9月

2020年 9月
 
 

2020年 10月               【更新日:7月13日】

2020年 10月               【更新日:7月13日】
 
10月25日 第18回紀州湯浅のギョギョっとお魚まつり 中止
 

2020年 11月               【更新日:8月11日】

2020年 11月               【更新日:8月11日】
 
11月1日 令和2年度ゆあさYY(わいワイ)まつり 中止
 

2020年 2月

2020年 2月
 
2月28日町民歴史講座1日研修中止
2月27日~健康教室中止
2月26日 健康相談 中止
2月25日手話教室中止
2月25日わくわくお元気交流会中止
2月23日特定健診 がん健診中止
2月23日吊るし飾り作り体験教室中止
2月21日健康推進員研修会中止
2月20日~すまいるクラブ中止
2月19日~腰痛膝痛予防健康体操中止
2月19日~健康づくり教室(湯浅町民体育館)中止
2月19日なぎコンサート中止
2月19日町民歴史講座中止
2月18日~ぴよぴよスクール中止
2月18日~健康づくり教室(田区民センター)中止
2月18日ベビーマッサージ中止
2月18日英会話教室閉校式中止
3歳半健診3月23日へ延期
2月15日働き盛りの料理教室中止
2月14日~高齢者筋力トレーニング中止
2月14日~お元気体操中止
2月14日~フィットネス中止
 

2020年 3月

2020年 3月
 
3月31日 令和2年春巡業大相撲湯浅場所 来年春以降に
見送り
3月22日第1回紀の国醤油ロードマラソン見送り
3月22日大相撲大阪場所での表彰中止
3月15日紀州湯浅のシロウオまつり中止
3月6日健康講座中止
3月2日~子どもに関する教室中止
 

2020年 4月                 【更新日:5月8日】

2020年 4月                 【更新日:5月8日】
 
4月4、5日 総合展示会での観光物産PR 中止
4月7日 和歌山県行政報告会 中止
4月21日湯浅町老人クラブ連合会会長杯グラウンドゴルフ中止
4月22日集団健診(栖原漁協)中止
4月24日老人大学 入学式中止
4月26日集団健診(湯浅町役場)中止
毎週火曜日ソフトヨーガ教室延期
毎週水曜日エアロビクス教室・ソフトヨーガ教室延期
毎週木曜日すまいるクラブ エアロビクス延期
毎週水曜日・金曜日フィットネス教室延期
毎週月曜日・火曜日・木曜日・金曜日高齢者筋力トレーニング延期
わくわくお元気交流会延期
お元気体操延期
毎週水曜日いきいき体操OB会延期
第1・3水曜日腰痛・膝痛予防健康体操延期
 

2020年 5月                 【更新日:4月21日】

2020年 5月                 【更新日:4月21日】
 
5月13日 健康教室
いつまでも元気で過ごせる食事のおはなし
中止
5月27日 健康教室 なぎの里ウォーキング 中止
5月20日 集団健診(田区民センター) 中止
5月31日若年母子・寡婦合同遠足中止
 

対策本部の設置

対策本部の設置
 
湯浅町における新型コロナウイルス感染症危機対策本部の設置について
 
 『新型コロナウイルス感染症について』
  令和元年12月以降、中華人民共和国湖北省武漢市において、新型コロナウイルスによる患者が
  複数報告されており、主な症状は、発熱、全身倦怠感、乾いた咳、味覚障害、嗅覚障害等です。
  令和2年2月13日に和歌山県内において、新型コロナウイルスによる感染者が確認されたことを
  受け、湯浅町では、令和2年2月14日 午前9時に『新型コロナウイルス感染症危機管理対策本部』
  を設置しました。
 
 『町民の皆様へ』
  新型コロナウイルス感染症の現状からは、人から人への感染は認められていますが
  町民の皆様におかれましては、咳エチケットや手洗い等の感染症対策を行うことが重要です。
  また、誤った情報や不確かな情報による感染患者への誹謗中傷等の人権侵害につながる行為は
  厳に慎んで頂くとともに、正しい情報に基づく冷静な行動を併せてお願いします。
 
 
Google

WWW を検索
www.town.yuasa.wakayama.jp を検索
 
qrcode.png
http://www.town.yuasa.wakayama.jp/
モバイルサイトにアクセス!
813453
【湯浅町役場】
 
 〒643-0002
 
 和歌山県
 
 有田郡湯浅町
 
 青木668番地1
 
TEL
 0737-63-2525

FAX
 0737-63-3791
 
  午前8時30分から
   午後5時15分まで
(土曜、日曜、祝日は閉庁です)
  
 
 世帯数 5,403世帯
 人口  11,688人
 男    5,498人
 女    6,170人
 2021年1月4日現在
<<湯浅町役場>> 〒643-0002 和歌山県有田郡湯浅町青木668番地1 TEL:0737-63-2525 FAX:0737-63-3791