自然豊かで歴史情緒あふれる醤油発祥の地 湯浅町役場公式ホームページ

  • 湯浅町
  • 湯浅町
 

醤油

   
覚心(法燈国師)が、建長6年(1254)に宋から金山寺味噌の
醸造方法を伝えていますが、醤油造りはそれからまもなくの
ことでした。
味噌造りをしていくうちに、味噌桶の上部や底に、赤褐色の汁
が溜まることに気づいたのです。好奇心旺盛な職人がいた
のでしょう、指先にその汁をつけてなめたのでした。
驚いたことに、汁は旨みがあり、塩味や甘みや発酵の香りが
ある、芳醇で独特の風味をしていたのです。
湯浅の味噌醸造家は、金山寺味噌づくりをする傍ら、この
赤褐色の汁に期待をかけながら研究し続け、
醤油ができたのでしょう。
 
湯浅の港から大坂に向けて、船積みされてゆく数は年々
増え続けました。また、江戸時代には徳川御三家紀州藩の
保護を受け、町の中心産業として醤油屋は栄え、人家
1,000戸の湯浅に92軒の醤油屋が軒を並べていたと
伝えられています。
 
また、この時代には漁場を開拓するため多くの漁民が房総半島
に移住し、醤油醸造も伝わりました。そして、日本各地にその
製造方法が広まりました。また、湯浅から日本各地へ広まった
醤油は、海を越え「ソイソース」として世界各地の食卓に
上るまでになりました。

今では、町内で数軒の醸造業者が残るのみとなっていますが、
工場で大量生産される醤油ではなく、1年以上かけてじっくり
仕込む手作業による伝統的な製造 方法は脈々と受け継がれ
ています。厳選された素材を手作業でじっくり丁寧に仕込んだ
湯浅の醤油は、刺身・冷や奴などにかけると、その素材の味を
引き立たせ ます。また、豆の風味も感じられ最高に美味しいです。
Google

WWW を検索
www.town.yuasa.wakayama.jp を検索
 
qrcode.png
http://www.town.yuasa.wakayama.jp/
モバイルサイトにアクセス!
591160
【湯浅町役場】
 
 〒643-0002
 
 和歌山県
 
 有田郡湯浅町
 
 青木668番地1
 
TEL
 0737-63-2525

FAX
 0737-63-3791
 
  午前8時30分から
   午後5時15分まで
(土曜、日曜、祝日は閉庁です)
  
 
 世帯数  5,426帯
 人口  11,922人
 男    5,610人
 女    6,312人
 2019年11月1日現在
<<湯浅町役場>> 〒643-0002 和歌山県有田郡湯浅町青木668番地1 TEL:0737-63-2525 FAX:0737-63-3791