自然豊かで歴史情緒あふれる醤油発祥の地 湯浅町役場公式ホームページ

 

金山寺味噌

 

金山寺味噌(きんざんじみそ)

金山寺味噌(きんざんじみそ)
 
   
金山寺味噌の歴史は古く、鎌倉時代の高僧覚心が宋に渡り
禅宗の修行を重ね、建長6年(1254)覚心が紀州由良の
興国寺に帰った際、宋の経山寺で覚えた加工味噌の
醸造法を伝えました。
   
その後まもなく、水がよく、味噌造りに適した気候の湯浅にその醸造法が広められます。
宋から持ち帰った醸造法が、現在の金山寺味噌のルーツといわれています。
金山寺味噌は、なめ味噌の一種で、調味料として使うのではなく、おかずとして食べる味噌です。
大豆と麦に麹、それに塩を加えて仕込まれます。
そこに細かく刻んだ茄子や瓜、紫蘇(しそ)、生姜を混ぜ合わせ醸造します。
槽(おけ)を密閉してから8~10ヵ月熟成させ、金山寺味噌ができあがるのです。
伝統の技と技法で仕込まれた金山寺味噌をどうぞご賞味ください。
Google

WWW を検索
www.town.yuasa.wakayama.jp を検索
 
qrcode.png
http://www.town.yuasa.wakayama.jp/
モバイルサイトにアクセス!
923554
【湯浅町役場】
 
 〒643-0002
 
 和歌山県
 
 有田郡湯浅町
 
 青木668番地1
 
TEL
 0737-63-2525

FAX
 0737-63-3791
 
  午前8時30分から
   午後5時15分まで
(土曜、日曜、祝日は閉庁です)
  
 
 世帯数  5,353世帯
 人口  11,484人
 男    5,417人
 女    6,067人
 2021年9月1日現在
<<湯浅町役場>> 〒643-0002 和歌山県有田郡湯浅町青木668番地1 TEL:0737-63-2525 FAX:0737-63-3791