自然豊かで歴史情緒あふれる醤油発祥の地 湯浅町役場公式ホームページ

 

柑橘類

 

柑橘類

柑橘類
 
   
文左衛門が20代のある年、紀州は驚くほどミカンが大豊作で、江戸へミカンを運ぼうとしましたが、その年の江戸への航路は嵐に阻まれていました。江戸へ運べなくなったミカンは、上方商人に買い叩かれ価格は大暴落しました。
当時、江戸では、毎年鍛冶屋の神様を祝う「ふいご祭り」で、鍛冶屋の屋根からミカンをまいて、人々に振る舞う風習があったのですが、紀州からミカンが来ないことからミカンの価格は高騰していました。
これに目をつけたのが文左衛門でした。彼は大金を借りてミカンを買い集め、大船を直しました。そして、文左衛門は荒くれの船乗りたちを説得し、死をも覚悟して白装束に身を包み荒ぶる海に船出します。大波を越え風雨に耐えた文左衛門たちは、ようやく江戸にたどり着きます。
江戸では、不足していたミカンが高く売れ、嵐の中を命がけでよく江戸に運んできてくれたと庶民は賞賛しました。そのときの様子は「沖の暗いのに白帆が見える、あれは紀ノ国ミカン船。」とかっぽれでも唄われ残されました。
文左衛門は、江戸へはミカンを、また上方へは塩鮭を運び、その元手で江戸に材木問屋を開き、富と名声を手に入れる事ができたと言われています。
文左衛門は別所の生まれといわれており、別所の勝楽寺には「紀文碑」があり、毎年4月24日の文左衛門の命日には法要を営んでいます。国道42号を渡った所には「紀文茶屋」があり、文左衛門の位牌や「紀伊国屋文左衛門生誕之地」と刻まれた標柱もあります。
 

湯浅の柑橘

湯浅の柑橘
 
三宝柑
三方(三宝)に乗せ殿様に献上されたことから名付けられた希少種。
三宝柑は土壌が適していたことと、味の適秀と栽培技術の優秀さ
により、現在では全国の9割以上が和歌山県で生産され、その
うちの約2/3が湯浅町で生産されています。
 
有田みかん
湯浅は温州みかんの一大産地です。食べたことあるでしょ。
湯浅町は、温暖な気候と燦々と降り注ぐ太陽に恵まれており、
海も近いため潮風がミネラル分を運んできます。
こうした条件が、適度な酸味で糖度が高くジューシーなみかんを
育みます。湯浅町では、秋ともなれば周辺の山々が黄金色に
染まるほど生産されています。
Google

WWW を検索
www.town.yuasa.wakayama.jp を検索
 
qrcode.png
http://www.town.yuasa.wakayama.jp/
モバイルサイトにアクセス!
923528
【湯浅町役場】
 
 〒643-0002
 
 和歌山県
 
 有田郡湯浅町
 
 青木668番地1
 
TEL
 0737-63-2525

FAX
 0737-63-3791
 
  午前8時30分から
   午後5時15分まで
(土曜、日曜、祝日は閉庁です)
  
 
 世帯数  5,353世帯
 人口  11,484人
 男    5,417人
 女    6,067人
 2021年9月1日現在
<<湯浅町役場>> 〒643-0002 和歌山県有田郡湯浅町青木668番地1 TEL:0737-63-2525 FAX:0737-63-3791