自然豊かで歴史情緒あふれる醤油発祥の地 湯浅町役場公式ホームページ

  • 湯浅町
 

家庭への支援・助成

 

1.手当・助成

1.手当・助成
 
児童手当

〔健康福祉課福祉係 ☎64-1120〕

次代の社会を担う子どもの健やかな成長を社会全体で応援するための制度です。

●支給対象:中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童を養育している方

●支 給 額:3歳未満 ・・・・・・・・・・・・・ 一律15,000円

       3歳以上~小学校終了前 ・・・・・・ 10,000円(第3子以降は15,000円)

       中 学 生 ・・・・・・・・・・・・・ 一律10,000円

※児童を養育している方の所得が所得制限限度額以上の場合は、特例給付として月額一律5,000円を支給します。

※「第3子以降」とは、高校卒業まで(18歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の養育をしている児童のうち、3番目以降をいいます。

●支給時期

原則として、毎年6月、10月、2月に前月分までの手当を支給します。(口座振込)

 
子ども医療費助成

〔健康福祉課福祉係 ☎64-1120〕

小学校就学前の児童の医療機関受診時に「乳幼児医療費受給資格証」と健康保険証を一緒に提示すると、保険給付分の医療費の自己負担が免除されます。

平成23年度から小学校から中学校卒業までの児童には「子ども医療費受給資格証」により乳幼児医療と同様に、医療費の助成を受けられます。

 
特別児童扶養手当
〔健康福祉課福祉係 ☎64-1120〕
 ・詳しくは、こちらへ
 

2.ひとり親家庭等への助成

2.ひとり親家庭等への助成
 
児童扶養手当

〔健康福祉課福祉係 ☎64-1120〕

父母の離婚・死亡などにより父・母と生計を同じにしていない児童(18歳到達後3月31日になるまで)を監護・養育している方に対する手当。ひとり親家庭等の生活の安定と自立を助け、児童福祉の増進を図る。

●支給額(月額)●

◆平成30年4月から

全部支給(月額)・・・42,500円

一部支給(月額)・・・42,490円~10,030円

第1子については上記の額となります。

第2子は10,040円、第3子以降は一人につき6,020円加算。

 

これまでは、公的年金(遺族年金・障害年金・老齢年金・労災年金・遺族補償など)を受給する方は児童扶養手当を受給できませんでしたが、平成26年12月以降は、年金額が児童扶養手当より低い方でも、その差額分の児童扶養手当を受給できるようになりました。

●このような場合が対象となります●

◎お子さんを養育している祖父母等が、低額の老齢年金を受給している場合

◎父子家庭で、お子さんが低額の遺族厚生年金のみを受給している場合

◎母子家庭で、離婚後に父が死亡し、お子さんが低額の遺族厚生年金のみを受給している場合など

 

児童扶養手当を受給するためには、申請が必要です。

 
ひとり親家庭等医療費助成

〔健康福祉課福祉係 ☎64-1120〕

ひとり親家庭の児童(18歳到達後3月31日になるまで)と親を対象として保険給付分の医療費の自己負担が免除されます。(所得制限有り)

 
母子父子家庭児童学用品支給事業

〔健康福祉課福祉係 ☎64-1120〕

小学校~高校生の子どもを扶養しているひとり親に対し、学用品代として月額500円を給付しています。
給付は6ヶ月に1度です。

 
母子寡婦資金貸付

〔健康福祉課福祉係 ☎64-1120〕

配偶者のいない女性で20歳未満の子を扶養する方(母子家庭の母)、かつて母子家庭の母として子どもを扶養していたことのある方(寡婦)の経済的自立と生活の安定、子どもの福祉向上のための貸付制度です。融資決定は県が行っています。

Google

WWW を検索
www.town.yuasa.wakayama.jp を検索
 
qrcode.png
http://www.town.yuasa.wakayama.jp/
モバイルサイトにアクセス!
423623
【湯浅町役場】
 
 〒643-0002
 
 和歌山県
 
 有田郡湯浅町
 
 青木668番地1
 
TEL
 0737-63-2525

FAX
 0737-63-3791
 
  午前8時30分から
   午後5時15分まで
(土曜、日曜、祝日は閉庁です)
  
 
 世帯数  5,449帯
 人口  12,131人
 男    5,698人
 女    6,433人
    2018年10月1日現在
<<湯浅町役場>> 〒643-0002 和歌山県有田郡湯浅町青木668番地1 TEL:0737-63-2525 FAX:0737-63-3791