ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 湯浅町役場 > 福祉課 > 湯浅町の高齢者のための施策

本文

湯浅町の高齢者のための施策

ページID:0004820 更新日:2022年3月18日更新 印刷ページ表示

介護予防事業・地域生活支援事業(介護保険の事業)

高齢者筋力トレーニング事業

ふれあいプラザ・総合センターにて実施

問合せ 0737-64-1120 地域包括支援センター

お元気体操教室

各老人憩いの家等で実施。自主グループによる運営。月2回接骨士会の先生による指導あり。申込は地域包括支援センターまで

問合せ 0737-64-1120 地域包括支援センター

認知症対策 わくわく教室

わくわく教室

問合せ 0737-64-1120 地域包括支援センター

ぴあサロン

認知症の方と家族の交流会

問合せ 0737-64-1120 地域包括支援センター

成年後見人制度利用者支援事業

親族がいない、親族による後見開始の審判申し立てができず、費用負担できない方には、町長が成年後見人制度の申立てを行い、後見人等の報酬を町で負担します。

問合せ 0737-64-1120 地域包括支援センター

配食サービス

対象者 おおむね80歳以上の独り暮らしや高齢者世帯、障がいのある方
自己負担額 町民税課税世帯 1食400円
      町民税非課税世帯・生活保護世帯 1食250円

問合せ 0737-64-1120 地域包括支援センター

緊急カプセル(救急医療情報キット)

対象者 一人暮らしの高齢者・障害者の方

あらかじめ医療情報をカプセルに封入しておきます。
ご自宅の冷蔵庫に保存し、万一の救急搬送時に備えるものです。

カプセル内の連絡票には、緊急時の連絡先・持病・服薬している情報などを記入しておきます。

問合せ 0737-64-1120 地域包括支援センター
緊急カプセル(救急医療情報キット)

避難行動 要支援者 登録(ひなんこうどう ようしえんしゃ とうろく)

対象者 高齢者世帯や障がい者の方

あらかじめ町に緊急連絡先や医療情報・避難先情報を登録しておき、大規模災害時の救助に備えます。
情報は役場で保管しておきます。

警察・消防・社会福祉協議会・自治防災組織等で情報を共有しますので、本人の同意欄へ署名が必要です。(本人が病気や障がいで同意することができない場合は家族の方が記入ください。)

問合せ 0737-64-1120 地域包括支援センター

紙おむつ支給事業

対象者 下記のすべての要件を満たす方
・要介護認定が「要支援2」以上
・町民税非課税世帯
・在宅で介護を受けている
・紙おむつ等が必要な状態の者
・介護保険料を滞納していない

内容 紙おむつ、尿取りパッド等を支給(3か月に1回)。年額55,000円上限

問合せ 0737-64-1120 介護保険係

湯浅町が実施する老人福祉事業

高齢者入所施設 湯浅町内にある公立施設

養護老人ホームなぎ園 0737-63-6886

老人福祉法に基づき設置された施設であり、65歳以上で健康上、環境上または経済的な理由により自宅で養護を受けることが困難な高齢者の入所・養護を目的としています。

施設の概要 組織町(湯浅町・広川町・有田川町)
所在地 和歌山県有田郡湯浅町吉川160番地
全室個室 70名定員

問合せ 0737-64-1120 福祉係